ホーム >  news >  お知らせ! >  HMR700レーシング・ミク ロードをインプレしてもらいました。 
HMR700レーシング・ミク ロードをインプレしてもらいました。  高ヒット
2017-11-20 15:53 投稿者: CODE BIKE (記事一覧) [ 779hit ]

皆さんこんにちは! CODE BIKEの店長 野崎です。

先日取扱い開始のお知らせをさせて頂いた 

      esr Magnesia 社 【HMR-700】レーシング・ミク

ですが、メーカー様のご厚意で試乗車をお借りできたので、当店のサポートライダーである

藤崎 直哉選手に早速試乗をして頂いたレポートが入って来たので掲載させて頂きますねぇ (笑)

 

    ――――――― 以下  藤崎選手のレポート 本文 −−−−−−−−

 

サポートいただいているCODE BIKE様が、新規取り扱いのロードバイク試乗を現在実施しています。

それに合わせて今回、私が試乗させていただいたので、インプレを掲載します。


●HMR-700 インプレ●


HMR-700は、「ESRマグネシア」という折り畳み自転車(ミニベロ)のブランドが手掛けた

ロードバイクです。

そのESRマグネシアは、地元神奈川県の厚木市に直営店を置くブランドなので、県民として

親近感が湧く企業様です。 

        なにより特徴的なのが、見た目のデザイン。

ロードバイク初心者の女性にも受けやすい、オシャレなカラーリングを施した

フレームカラーが印象的です。

今回のインプレでは、より実戦での走りに近づけるため、フロントリアホイールを履き替えて試乗

させていただきました。

まず平地についての感触です。

40km/hで平地を巡航中に、スピードを維持する為のトルクをかける際、これまで左右に振れていた

フレーム角度が浅くなりました。


左右へ振った後にフレームがニュートラルへ自然と戻る感じです。

逆に言えば、BIKEをガンガン振ってトルクをかけたい選手は、この戻る感覚はもどかしいかもしれません。


体重移動の少ない落ち着いたライディングをする際には最適です。

三本ローラーでのトレーニング時に、その感触が強く出ていました。

三本ローラーのダンシング時において、これまでの左右のブレが確実に減りました。

BIKEの安定性が高く、体でバランスを取る必要性が軽減されています。

続いて、登り区間での感触。

ヒルクライムでは、アルミフレーム特有のペダリング時の跳ね返り(足への抵抗)は

さほど感じませんでした。

決して剛性に欠けているという訳ではなく、単純にフレームの剛性による推進力を感じることの

出来た平地に対する代償を考えると、この跳ね返りの小ささは意外でした。

カーボンBIKEの「しなやかさ」までとはいきませんが、他の一般的なアルミBIKEで走るヒルクライム

と比較すると、足への負担は確実に少ないです。

また、コーナリングにおいてもクセがなくスムーズにクリアでき、ロードレースに慣れていない

初心者ライダーでも扱いやすい印象です。


○総評○
平地だけでなくヒルクライムにおいても負担の少ない、非常にバランスの取れた幅広いユーザー

に受けやすいBIKEだと感じました。

 

宜しければ参考にして頂ければ幸いです!

 

 

☆ CODE BIKE(コードバイク) ☆

営業時間 AM10:00〜PM7:00 

明かりが点いてれば声かけて下さい

茅ヶ崎市共恵1−14−21 駐車場あり

TEL&FAX 0467−87−7551

自転車販売、修理、出張修理

HMR-700 レーシング・ミク 藤崎選手インプレ
HMR-700 レーシング・ミク 藤崎選手インプレ
HMR-700 レーシング・ミク 藤崎選手インプレ
HMR-700 レーシング・ミク 藤崎選手インプレ
カテゴリ内ページ移動 ( 190  件):     1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 190    

大きな地図で見る

Copyright © 2012 CODE BIKE All Rights Reserved.